ふくログ!

考え事を1000文字程度でサラッと流すだけの日記

ナンパ・アンド・ロックンロール

冷たい風吹く真冬のある日、午後五時半の新宿で、彼女は男に絡まれた。

「オレと一緒に遊ぼうよ。夕飯ごちそうするからさ」

赤と黄色のド派手なキャップに履き古されたスニーカー、腰に下がった太いチェーン。男の身につけるものすべてに彼女は嫌悪を抱いた。ついでにいえば、キャップの下のニヤニヤ笑いも見ていて大変不愉快だった。

「すみません、急いでいるので」

小さな声で懸命に、男の誘いを断る彼女。しかし何度拒めど男は少しも諦めない。彼女が小走りになっても、男は走ってついてくる。ついに男は彼女の腕をガシリと掴み、

「ねえ十分でいいからさ!」

と、強い口調で食い下がった。

その瞬間、

「しつこいんだよ!」

鋭い声で彼女が怒鳴った。大人しそうな外見からは想像できないその声に、男は一瞬固まった。スカートの裾を両手で掴み、怒りに肩を震わせながら、彼女は男をねめつけた。

すると突然、新宿中の街灯がくるりと勝手に向きを変え、彼女一人を照らし出した。どこからともなくドラムがリズムを刻む音が鳴り響く。その重たく激しいビートに載せて、彼女は野太くしゃがれた声で歌い出す。

「しつこいお前に用はない

構ったところでしょうがない

まったく不愉快サタデーナイッ」

街中の人が足を止め、彼女の姿に釘付けになる。ナンパ男はあっけにとられ、ぽかんとその場に立ち尽くす。彼女の歌はなおも続く。

「満身創痍なマイソウル

今日も理不尽なことばっかりで泣きそう

早くお家に帰ってゆっくり過ごそう

思ったところでお前が…そう!」

彼女が指をパチンと鳴らすと、人混みから一人の男がエレキギターを肩に背負って、彼女の横に躍り出た。皆があっと声を挙げる間もなく、轟音のギターソロが始まった。髪を振り乱し激しい旋律を鳴らす彼に、人々はハッと息をのむ。やがてギターのそれを上回る超人的な音量で、彼女はシャウトし始めた。

「ユー・ブレイクス・マイ・ホリデイ! ユー・ブレイクス・マイ・ホリデイ!」

彼女は叫び続けながら、ナンパ男を指さした。狂気を孕んだ彼女の瞳に男は恐怖をはっきり感じ、くるりと背を向け逃げ出した。

 

ところが男の背後には、彼女の歌に興奮しきった人々の群れが出来上がり、男一人が通れるほどの隙間さえも無くなっていた。彼らは充血しきった両目を見開きこぶしを突き上げ叫ぶのだ。

「ユー・ブレイクス・マイ・ホリデイ!」

「ユー・ブレイクス・マイ・ホリデイ!!」

彼らのシャウトに応えるように、エレキギターのひずんだ音が新宿の街を駆け抜ける。彼女はハンドマイクを片手に頭をぶんぶん振りながら、聴衆を煽りに煽る。

「オーケー、エブリバディー! ユー・ブレイクス!」

「ユー・ブレイクス!!」

「マイ・ホリデイ!」

「マイ・ホリデイ!!」

彼女の生みだす音楽に酔いしれる人、その数一万人あまり。新宿が、いや東京中が彼女を中心に大きく揺れる。天高く突き上げられた彼女のこぶしは誰よりも強く美しい。人波にのまれてもがいていたナンパ男の行く末は、誰も知らない。

夏バテ疑惑と就活本への殴り書き

ごはんがおいしくなかった。

いや、おいしくないっていうか「食べるのってこんなに疲れるんだ」と思った。「お腹がすいたから食べる+おいしいと感じる」が通常なのに、「口に入れても食べ者が減っていかない、怠い」という感想しかもてなかった。

好きな食べ物でコレってかなり不味くないか?ひょっとして夏バテ? 

 

何ともいえない気分で食事を済ませた後は、自室の本棚を整理した。

奥の棚から、無職時代に必死で読んだ就活指南書がわんさか出てきた。パラパラめくってみたら「小さい頃好きだったものは何?幼稚園時代から自分を振り返ってみよう」というタイトルのページがあり、そこにこんな殴り書きがしてあった。

「←悠長なことぬかすな そんな自分語りをしている暇はない ほんとだまって」

うっわすげー荒れてるよと引く反面、そりゃそう言いたくなるよな、と当時の自分をフォローしたい気持ちになった。

だって、早く就職しなきゃ!と焦りや不安を抱えている人に対して「あなたの好きな物はなんですか~?」はのんびりしすぎだろう。そんなんで就活やってられるか!とどつきたくもなる。いやーあの、幼稚園時代好きだった物ってさ、私の場合パズルとかドミノ並べなんだけど、そこから何を分析しろというの。どう、仕事に繋げろというの。「パズルやドミノなど地道にコツコツ作業を進めることが幼い頃から得意です」とかいうんか。面接で。こじつけにも限度があるわ。

 

ああ、「好きな物」や「子供の頃の夢」を語らせるような就活本、絶滅してくれないかな。

スピッツ「1987→」のサビって

なんとなく讃美歌っぽくない?


スピッツ / 1987→

(※サビは0:49~)

サビをパイプオルガンで演奏したら、讃美歌として違和感なく聴けるように思えてならないのだ。草野マサムネいわく、この曲は「バンド結成当初の『ビートパンクバンド』スピッツの新曲という想定で作った1曲」らしいが、サビだけパンクとは一味違った荘厳な雰囲気が滲み出ている。

 

一度「讃美歌みたい」と思ってしまったら、サビの

それは今も続いてる 泥にまみれても

の部分に、「これからも続きますように」という祈りが込められているような気さえしてきた。MVのラストで画面に映る「1987→→→→→」の文字を見ると余計そう思う。

ってなわけで家にオルガンがある方は、試しに「1987→」のサビをテンポ♩=80くらいに落として、重たーいノリで弾いてみてほしい。たぶん、「っぽく」なる・・・はず。

ヨガにチャレンジしてみた

先日、ヨガ教室の体験会に参加してきた。

肩こり・頭痛の改善に繋がるかもしれない、と思ったから。

ちなみに私は物凄く体が硬く、「長座体前屈」がほぼできない。やろうとすると、まさにこのイラストのような状態になってしまう。

f:id:souflle_fuwafuwa:20170812183835p:plain

そんなガッチガチの体の持ち主である私がヨガなんかやったら、四肢がバラバラになってしまうのではないか―またバラバラとまではいかずとも、全身余すところなく筋違いを起こし再起不能になるのでは…正直、不安な気持ちでいっぱいになりながら参加した。

が、やってみたら、思いの外気持ちよかった。

初心者向けのコースだったので難しいポーズはなく、お手本を見せてもらえば大体その場で真似ができた。体勢を保つのが辛くてプルプルしていると、コーチが「膝をついてもいいですよ~」等、簡単にアレンジしたポーズを教えてくれる。静かな音楽に合わせて区切りをつけながら行うので、途中でダレることもない。

そして何より、終わった後の体の軽さが半端ない。

自分の体に籠っていた無駄な力が、全てそぎ落とされたかのような感覚をおぼえた。あれ、私ってこんなに余計な力入れてたんだ、もっと緩んでていいんだ、よかった…という安堵感すら感じた。

全てのポーズを終えた後、クールダウンの時間(目を閉じて仰向けになったまま15分ほど深呼吸し続ける)があったのだが、こんなに心地よく寝転がっていられたのは初めてかもしれないと思った。

また行ってみたい。

三行で本の感想を言う ~読書感想箇条書き

2017年上半期に読んだ小説を、タイトル通り三行のコメントつきで紹介をしていこうと思う。

三行、しかも箇条書きなのでなかなかに雑である。もはや感想とは呼べないレベル。

 

・「美しく愚か」ってこういうことかもしれない

諸行無常を感じる

ラスト三~四行がとても好き

 

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

 

・気怠さとイライラとやるせなさと

・主人公とそのパパの価値観に1ミリも共感できず

・短くて読みやすい

  

光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)

光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)

 

・クズ化の描写がスピーディーすぎてちょっと笑った

医者の考え方、甲本ヒロトの「無理やり癒されようとするよりイライラしたまんま一生懸命生きる方がいい」発言に近いものがある…

・小説にする必要あったのかな

 

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 

・ピンとくるものがあまりないのは海外の作品だから?

・「考え続けることをやめるな」は共鳴できる

・でも何だかしっくりこない

 

ムーン・パレス (新潮文庫)

ムーン・パレス (新潮文庫)

 

可愛い女の子に助けてもらえるなんて都合いいなオイ

・明るい話ではないがラストで何となく希望がみえる

・漂う村上春樹

 

・家族もの好きじゃないけど何となく読んでしまった

・愛され長男の虚構っぽさ

・家族の役割って何?

 

海外文学が多いのは、今まで読んでこなかった分チャレンジしてみようかな…という気になったから。

下半期は日本文学メインに読み漁りたいと考えている。さて何を読もうか。まず気になるのは町田康だ。あとは哲学者クロサキの著書も興味がある。そういえば海野十三もおすすめされたんだった…

 

どれだけ読書しても、次の本を探す高揚感は尽きない。

意識朦朧としていたあの頃

※2017/07/23 タイトル変更しました。

 

私は10代の頃、原因不明の体調不良に悩まされていた。

特定の疾患があったわけではなく、だるい、何だか苦しい…と感じる状態が数年にわたって続いていたのだ。病院に行っても「疲れによるもの」「そういう体質」とのことで、これといった対処法は見つからず、悶々とした日々を過ごしていた。

主な症状は、強い眠気、頭痛、めまい、立ちくらみ。

特に眠気はひどかった。毎日6~8時間寝ているにもかかわらず*1、学校に着くなり自分の席で眠ってしまうことがほとんど。授業中は座っているだけで精いっぱい(発表や話し合いといった、生徒が主体になれるものはまだ何とかなった)。給食時間も眠すぎて味がよく分からなかったし、クラスメートが何言ってるのか理解できなくなることも珍しくなかった。

それでも、体が悪いのではなく私のやる気の問題だ、だらけているせいだと思って生活し続けていた。

 

あとになって判明したことだが、この一連の症状は貧血+低気圧による体調不良だったらしい。

ああ確かに、天気の悪い日ほど眠気が強力だったわ…と納得する一方で、「くそ、なんでもっと早く分かんなかったんだよ」といういらだちが募った。

その後鉄剤を飲んだり食事に気を遣ったりなんだりしたおかげで、眠気に支配される生活からひとまず脱出できた。

頭痛やめまいなどの症状は現在も頻繁に出るが、アプリ*2を使うことで少しずつ管理・対策ができるようになってきている。

*1:ネットもテレビもほとんど見てなかったから、電子機器のせいではない

*2:頭痛ーるにはいつもお世話になっている

「なんでフェスに行かないの?」って言われた話

お題「フェス」

 

 先日、職場の音楽好きな先輩から話しかけられた時のこと。

先輩「フェスとか行きます?」

私「うーん、行かないですね」

先輩「あ、生演奏聴きたい!って思うほど熱烈なファンではない感じ?」

私「いえいえ、生演奏は聴きたいですよ」

先輩「え、じゃあなんでフェスに行かないの?

 

フェスに行かない理由を聞かれて、ちょっと、いやだいぶ戸惑った。

私はフェスに行ったことがない。ただ、好きなバンドがフェスに出演すると決まったら、とりあえずタイムスケジュールはチェックするし、他にどんなミュージシャンが出てるのかもざっと確認する。フェス開催後にアップされるライブレポも楽しく読んでいる。でも、行こうという気持ちにはならない。

ほんとのことを言うと、人混み・爆音が得意ではないので、フェスとかワンマンとか関係なく「ライブ全般」に行く回数がそもそも少ないのだが…

それはひとまず置いておくとして。

「なんでフェスに行かないの?」

フェス楽しいじゃん!行かなきゃ損だよ!と言いたげな顔で、こんな質問を投げかけてきた先輩。私は戸惑いつつも「先輩はよくフェス行くんですか?」と聞いてみた。

すると、

先輩「うん。音楽聴きながら踊りまくれるし、美味しいもの食べられるしビール飲めるし、フェス最高だからね!!

との答えが。

あ、そういうことか、と思った。

先輩にとって、フェスは「音楽を聴きにいく場所」というより「音楽とメシと酒で盛り上がるイベント」だったのだ。私はどっちかというと、メシも酒もなくていいからひたすら目の前の音楽に集中したい、という方。草野マサムネが正座でエレファントカシマシを聴くように…って実際ライブ会場では正座できないけれども、そういう心持ちで音楽を聴きたいなあと考えている。

で、フェスにはこの先輩のような「とにかく盛り上がろうぜ!」という人たちがわんさかいるイメージがどうしても強い。

だからなかなかフェスに行こうと思えなかったのか。

f:id:souflle_fuwafuwa:20170716190629j:plain